名古屋市守山区|尾張戸神社(古墳)

20150422owaribe00
2015年4月22日、名古屋市守山区の「尾張戸神社(おわりべじんじゃ)古墳」に参詣しました。志段味の古墳群も近く、尾張地方の中でも特に考古学的に重要なエリアの一つ。山一帯には大小の古墳が密集し、尾張部一族ゆかりのものと考えられています。

20150422owaribe01a
東谷山フルーツパークの方からハイキングコースで行く順路もあるようですが、山の東側、国道155号線の十軒町交差点から車で山麓まで行きました。国道からすぐのところにあるこの石塔が山道の入り口のようです。

20150422owaribe2a
20150422owaribe2b

ちょっとのどかな風景。初夏も近いので気持ちよいです。

20150422owaribe03
神社の入り口となる大鳥居が見えて来ました。車はここまでです。ここからは徒歩ルート。

20150422owaribe04
神社は山頂にあるので、山道を歩いて登ります。階段状にはなっていますが、気分は山歩き。

20150422owaribe05a
20150422owaribe05b

湧き水が山道の脇を流れていきます。周りは木々のざわめきか、鳥のさえずり、湧き水のせせらぎのみ。

20150422owaribe06a
20150422owaribe06b

ハイペースで登っていたので、だんだんと息切れして来ました。。。

20150422owaribe07a
20150422owaribe07b

ここはほんとうは手水舎なのかな。虫がブンブン飛び回っていたのでトライできませんでした。

20150422owaribe08
だんだんと神社の趣が感じられるように。神社はもうそろそろでしょうか。

20150422owaribe09a
20150422owaribe09b

いや、まだまだでしたね。フルーツパークからのハイキングコースとの合流地点かな。

20150422owaribe10a
20150422owaribe10b
20150422owaribe11a
20150422owaribe11b

中社(古墳)に行く分岐点が現れました。ここからもうひと登りで神社です。

20150422owaribe12
ようやく、見えて、きましたね。

20150422owaribe13
拝殿が見えてきました。

20150422owaribe00
やっと到着です。ちょっとハアハアしております。

20150422owaribe14a
20150422owaribe14b

山頂から見える景色は素晴らしい。クリックしてください。パノラマ世界が広がります。左写真が東、右写真が西側です。庄内川が見えますねー。写真ではきれていますが、名古屋駅の高層ビル群もしっかりと見えます。

20150422owaribe15

20150422owaribe16a
20150422owaribe16b

たいへん失礼かと思いましたが、拝殿の奥に本殿を拝見できます。

20150422owaribe17a
20150422owaribe17b

この案内板をみるとよくわかりますが、神社は古墳の真上に鎮座されています。延長5年(927年)編纂の延喜式に記録のあるいわゆる式内社ですが、完全にそれよりも古くからある遺跡です。

20150422owaribe18a
20150422owaribe18b

祭神は天火明命(あめのほあかりのみこと)、天香語山命(あまのかぐやまのみこと)、建稲種命(たけいなだねのみこと)の3神で、記紀の伝承にも明らかな尾張氏の祖神であらせられるそうです。天火明命は病除けの神様として人々の信仰を集めておられます。

20150422owaribe19
尾張氏(尾張戸一族)ゆかりの地域なんですね。ちなみに「尾張」の語源は「新しく切り拓かれた土地」という意味だそうです。その後、中世には乱世のため一時荒廃したようですが、尾張守護となった斯波氏による社殿の造営や、尾張徳川家の藩祖・義直公、二代光友公に名古屋城鬼門の守護神として崇敬され、手厚く保護されてきたようです。

20150422owaribe20
なんとも不思議なのは、目の前にあるのが神社であり、古墳であるということですね。

20150422owaribe21
石碑が建っていますが、判読しづらいです。祭神や由緒について書かれています。

20150422owaribe22a
20150422owaribe22b
20150422owaribe23a
20150422owaribe23b

20150422owaribe24
次は中社古墳の方へ参ります。

20150422owaribe25
こちらはひと目でわかりますね。こんもりとした小山がまさに古墳そのものです。

20150422owaribe26a
20150422owaribe26b

古墳のてっぺんにお社が祀られています。

20150422owaribe27
帰りは延々と下りルートで、少し膝が笑いそうでした。

20150422owaribe28
夢と現の境に鳥居が立っているような風景です。