愛知県豊田市|糟目春日神社

20150418kasume00
2015年4月18日、愛知県豊田市の「糟目春日神社(かすめかすがじんじゃ)」に参詣しました。愛知県豊田市で8社ある式内社のうちの一社。由緒ある神社です。

20150418kasume01

20150418kasume02
<祭神>
天宇受賣命(あめのうずめのみこと)、彦火火出見命(ひこほほでみのみこと)、素戔嗚命(すさのおのみこと)、火産霊命(ほむすびのみこと)
<末社>
津島社/素戔嗚命(すさのおのみこと)、秋葉社/迦具土神(かぐつちのかみ)、山神社/大山祇神(おおやまつみのかみ)
※祭祀殿竣工記念碑では社口社として猿田彦命の名もあります。

20150418kasume03

20150418kasume04

20150418kasume00

20150418kasume05

20150418kasume06
<由緒>
一、大宝二年持統上皇三河國に行幸当地に御駐蹕の砌り鷹狩し給うよつてこの地を鳥狩鳥捕都賀利戸苅と言ひ今日渡刈と書くに至れり当時すでに糟目神社を祀れり
一、第六十代醍醐天皇の御代に延喜式に載せられ、文徳実録に正四位糟目神社とあり勝女大明神又は塩指大明神と云はれ矢作川上流西方一大原野をカスメ郷末野ヶ原と称し三河の海の満潮時には潮指し来たれりと伝う
一、明治二年神祇官より延喜式内社に確定される
云々とあります。

20150418kasume07

20150418kasume08a
20150418kasume08b

20150418kasume09